プロフィール

本場タイに渡り、タイ国文部省認定「Phussapa Thai Massage School(プッサパー・タイ・マッサージ専門学校)」にてタイ式マッサージ、フットマッサージを修得。

・・・会社社会で奮闘していた頃、休暇で訪れるタイの国で、いつも、いっぱい ! いっぱ~い !!元気をもらっていました。豊かな自然の恵みの中でゆったりと流れていく時間・・・、礼儀正しく、優しさに溢れているタイの人々。神秘的でエネルギッシュなこの国は、いつも私に「ワクワク」「ドキドキ」する出逢いや感動を与えてくれました。そして、その出逢いの一つが、タイ式マッサージでした。

実は、最初にタイを訪れた時は「タイ式マッサージって何?」「人に体を触れられるのは苦手~」「痛そうでイヤ~」とタイ式マッサージの知識も ! 興味も全く無く !! マッサージを受けに行く友人を「いってらっしゃーい」と見送る留守番隊だったのです。それが今では、見事にハマりました(笑)“からだ”も“こころ”も癒される伝統的技術との出逢いは、いつの日か・・・「この心地よさを伝えたい !!」という強い気持ちとなりました。

【Phussapa Thai Massage School(プッサパー・タイ・マッサージ専門学校 藤垣善則先生とウティチャイ先生】
Fujigaki_2 ウティチャイ先生
正しい理論や技術、そして“Sabaai(サバイ)”(タイでよく耳にする言葉で“気分がいい”“気持ちがいい”という意味のタイ語です)の精神を教えてくださった愛すべき学校です。

マッサージを受ける人を心地良くできるように、施術する側も“Sabaai”でなければならないというタイ流の考え方、そして、“お互いが日々のストレスや緊張から解放され、身体と心の安定を導く”これがタイ式マッサージの魅力と教えてくださったのも藤垣先生です。

【単身タイに渡る前、タイ語のレッスンをして下さったサムット先生】
Samt タイに行って『タイ式マッサージの勉強をするぞー!』と一大決心し、学校を決め、飛行機のチケットを取り、滞在先のホテルを予約し、準備万端!とホッと一息ついたころ、『あれぇ~、私タイ語話せなぁーい !!』 と初歩的なことに気づきました(笑)初めての一人タイ。これは一大事と、まさしく冷や汗「タラ~~」の瞬間でした。
そんな私に、優しく ! 熱心に ! 根気よく !!タイ語を教えて下さったのがサムット先生です。タイ文字を見た時は、これを覚えるのは100%無理!!と呆然としたのですが、レッスンを重ねるごとに読める・・・?、読める!! 書ける・・・?、書ける!! 話せる~!! と、まさにサムットteacherマジックでした。サムット先生のレッスンで、毎回確実に 上達していくタイ語は「単身タイ修行」の大きなお守りとなりました。       
先生、コックンマーカーขอบคุณมากครับ(ありがとうございます)
これからもタイ語の勉強は続けて、タイの国とタイの人々と関わっていきたいと思っています。

北海道タイ語センター

Coryright_2