プチぷよ

うっわぁ~゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
ピッカピッカーーーっヽ(´▽`)/

2017
まるっこくて、ぷにゅぷにゅ(*≧m≦*)
つやぷるん、プチぷよと呼ばれているトマトだそうです。
さくらんぼの佐藤錦みたいでしょーとキラキラお目目で、愛おしそうに説明してくれた、これまたとってもキュートなお友だちから頂きました(◎´∀`)ノ
 

本当に眺めているだけで、ほんわかぁ~♡
わたしの中のブラックな部分が、しばし姿消しました(笑)
癒しトマトちゃんです。美しい~。
 

「極つや!」「極うす皮!」「極甘!」がプチぷよの三大特徴らしいです。
うん!確かにヽ(´▽`)/
つやっつやで、皮がとっても薄く皮の存在が全く気になりません。
皮の上から押してみると「ぷにゅぷにゅ~感」が相ーーー当に♪たまりません。ワタシがいただいたプチぷよは、しっかりとしたトマト風味があり!?(笑)、後から甘みがじわぁーとやってくる美味しいトマトでした。

極甘!については、他のミニトマトでも味わえる甘さかなー。でも「極つや!」「極うす皮!」は今までのワタシのトマト史上最高だと思います。

ずっと眺めていたいと思った、愛らしく美しいひとめぼれのトマトです。
プチぷよ♡♡♡。。。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

2017.9.14


北海道とうきび茶

この夏、はまった飲み物がありますヽ(´▽`)/
最初飲んだときは、「あぁー美味しいかも」とは思いましたが、さほの感動は無かったのですが、しばらく経つと、またムショーに飲みたくなったお茶です。

20171伊藤園の「北海道とうきび茶」
新発売なのかと思ったのですが、ワタシが知らなかっただけでかなり以前から発売されている北海道限定のお茶のようです。
 

ゴクッゴクッと飲み干した後に残る、とうもろこしの、あっ!とうきびの(笑)、香ばしさとほんのりとした甘みがとってもナチュラルで美味しいですヽ(´▽`)/ 

こだわりは、北海道の水と北海道の大地で育った素材を使用しているとのことで、とうきびはもちろんのこと、玄米・黒豆・小豆も道産子だそうです。確かにボトルにイラストがありますヽ(´▽`)/。 

「北海道とうきび茶」と大きく記されていますが、その上に小さく書かれている「Corn Blend Tea」というのが適格なのかもー(笑)。玄米・黒豆・小豆もいい仕事している気がします♡

20172

当地にいると、なかなかスルーしてしまいがちですが、「北海道限定」注目銘柄ですね♪きっと、魅力商品がいっぱいなのかもー。 

なんだか本物のとうきび、食べたくなってきました。
今が旬のとうきびウマーーイ!!!です。買いに行ってきまぁーすヽ(´▽`)/
 

2017.8.25 


線香花火

先日、TVで「長岡大花火2017」やってましたヽ(´▽`)/
花火いいですね。日本の夏~っていうカンジです。華やかな煌びやかな花火も大好きですが、儚さにドラマがあるような線香花火の、何とも言えない美しさにココロがキューンとなる昨今であります(笑)

2017_4ちっちゃな頃は、どうしても最後に残ってしまう線香花火が面倒で、何本も一緒に束ねて火を付けてしまったというヤンチャな苦~~い思い出もありますが。(;´д`)トホホ  

今は、夏の涼しい夜風になごみながら、線香花火で酔えます(笑)。喜怒哀楽たっぷりのいろんな感情で。あっ!「怒」は無いですヽ(´▽`)/
すごいなぁー線香花火って思います。
なんだかムショウーに線香花火のこと知りたくなり、ちょっぴり調べてみました。
 

まずは、線香花火を長く楽しむためには、持ち方がポイントのようです。真ん中より少し上を持ち、斜め下に向けると良いそうです。真ん中より少し上を持つことで火の玉が揺れにくくなり、さらに斜め下に向けることで、火の玉と、こよりの接している面積が大きくなり、より火の玉が落ちにくくなるそうです。

始めてすぐに、火の玉ポトリ~の悲しい経験アルアルなので、気をつけてみますヽ(´▽`)/。

福岡県にある「筒井時正玩具花火製造所」さんのWebに線香花火の美しい表情には、段階ごとに燃え方に名前がついているという記事がありました。

※写真、説明 : 「筒井時正玩具花火製造所」さんのWebより20171① ー蕾ー
点火とともに、命が宿ったかのように酸素を吸い込みながらどんどん大きくなっていく火の玉。20172
②  ー牡丹ー
やがてパチッ、パチッと一つずつ、力強い火花が散り出します。称して「牡丹」。
20173
③  ー松葉ー
やがて勢いを増し、「松葉」のように次々と火花が飛び出します。
20174
④ ー散り菊ー
火花が一本、また一本と落ちていく「散り菊」。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・

蕾、牡丹、松葉、散り菊 なんですね。
数10秒のステキなドラマです(*v.v)。やっぱりいいですね、線香花火♡

「筒井時正玩具花火製造所」さんには、「花々 はなはな」という10,000円(税別)の線香花火もあるそうです。線香花火の持ち手部分が花びらのようになっていて、桐箱入りです。ハゼの実から抽出されたロウでできた和蝋燭と、九州の山桜でつくったロウソク立てがついているそうです。
いつもの線香花火と、輝き方も違うのでしょうか・・・(*´v゚*)ゞ。
憧れですヽ(´▽`)/ いつかできるといいなぁー、花々。20173_4

2017.8.7


汗は美肌を作る!?

2017暑い季節となりました。嫌いじゃないですヽ(´▽`)/、あづーーいsweat01、あづーーいsweat01と連呼しちゃうこの季節♡。でも、「汗」には、ちょっとご用心体質で、大人のあせもっていうものになりやすいデリケートな???!お肌のようでして(笑)。
汗は、大敵~と思っていたのですが、汗には、「良い汗」と「悪い汗」があると知って、ちょっと汗への関心フムフムな今年の夏です。
 

汗をかいて体温調節できるのは、動物界では人間だけだそうです。 

汗は、血液から作られていて、全身の約400~500万の汗腺の半数程度が活動して、血液に含まれる体に大切なミネラル分などを、ろ過して血管に戻しているそうです。

このろ過機能が「良い汗」と「悪い汗」を作るそうです。
「良い汗」は、ろ過機能がきちんと働いて限りなく水に近いサラサラしていてにおいが無く、蒸発しやすく、かくとスッキリとする汗。
「悪い汗」は、うまくろ過することが出来ず、血液のミネラル分が汗とともに流れ出るので、ベトベトして蒸発しにくく汗臭い。さらに熱を放散できないので、汗をかくとぐったりとなるそうです。
 

良い汗は、皮脂の分泌も盛んにし、質の良い皮脂膜が形成されるそうです。肌がしっとりスベスベになるんだって!ヽ(´▽`)/。さらに皮脂膜には、肌の乾燥を防ぎ、細菌などの侵入を防ぐバリア機能もあるので、肌と全身の健康を守ってくれるそうです。 

ろ過機能がきちんと働いてくれる汗腺、大切なんですね。汗腺!鍛えねばヽ(´▽`)/。良い汗をかくためには、汗をかき慣れることだそうです。鍛えることで機能が回復してくるそうです。筋肉と一緒ですね。あまり汗をかかない生活をしていると、汗腺のろ過機能は退化して良い汗がかけなくなってしまうそうです。 

「汗は大敵~」は、NGでしたねι(´Д`υ)アセアセ。
この夏は、いっぱい汗をかいて、汗腺鍛えることにしますヽ(´▽`)/
 

2017.7.24


日タイHana在りき

おひさまギンギンの日も、どんより曇り空の日も、雨しとしとの日も、風ビュービューの日も、ドシャ降りの日も、ふっと目をやると、いろんな表情で天気に寄り添うかのように咲いている花たち。強くてとっても健気~でキュンとしちゃいますヽ(´▽`)/ 

知らず知らずのうちに、話しかけちゃったりしてることもある!? あるなー(笑)

P6190727

P6190723_3

P6190734

P6190722

P6190729

P6190730

P6190736

P6190731

P6190732_2

P6190733_2

P6190735_2
ここ数年、花とコミュニケーションを取るようになってきた気がします。
そんなお年頃なのかしら(*´v゚*)ゞ。自分の変化もなかなか楽しいです。
このお仕事をはじめたことが、一番おおきいのかなっ♡ヽ(´▽`)/
 

花を眺めているときにやってくる、あったかな風になごみTime。そんな自分、案外愛おしかったりもしてヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ。パワーもらっています。 

タイでもワタシのお友達が、なごみTimeのようです。タイから届いたお花の写真です♡

201706hana_4
201706hana2_4
201706hana3_3

201706hana4_3
201706hana5_2
201706hana6_3
201706_2
あっ!(o^-^o)、最後の写真は、花では無くフルーツの写真です。タイでは、今フルーツのベストシーズンです。手前に写っているちょっと、???な物体は(笑)、ドリアンです。タイで食べるドリアンはフレッシュなものであれば、品種もあると思いますが、臭みも無くとってもクリーミーで美味しいフルーツだと思います。 

ウーン、それにしてもこの大量のドリアン!心配です!彼女の体重がぁー(笑)。ドリアン、カロリー大変なものらしいですからヽ(´▽`)/
「花愛でて、ドリアンほおばる至福かな」(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
 

食べたぁーーーい(◎´∀`)ノ 

2017.7.5


キンコンキン~♪ 『き・の・こ』

PhotoPhoto_2『きのこ王国より、きのこがやってきましたヽ(´▽`)/。きのこの瓶詰の『きのこ村』と『きのこ茶』です。  

『きのこ村』には平茸、しめじ、なめこ、きくらげなど、いろんなきのこがいっぱい入っています。
『きのこ茶』は、松茸、舞茸、椎茸の“タケ3兄弟”(笑)のブレンド茶だそうです。昆布茶のきのこ版なカンジです。

2つとも地味です。
あっsweat01シブイです。
( ̄ー ̄)ニヤリ
きのこ、色合いも味も派手では無いのですが、影の主役というところでしょうか。あっ!松茸さまが君臨していましたねヽ(´▽`)/
 

山菜採りもきのこ狩りも、まだちょっと…楽しさがわからない未熟なお年頃ですので、きのこワールド、まだまだ未知の世界です。  

そんな中、
『キンコンキン~shine
アニメに出てくるような、神秘的な、美しい、愛らしい、グロテスクな!?、きのこに出会うことができました。これは、本当に感動です。

『ほぼ日刊イトイ新聞』に掲載された『きのこの話』という記事です。
もはや、『きのこにとりこ』(笑)です。  

(↓写真、イラスト : ほぼ日刊イトイ新聞より)
一部ご紹介すると、まずは色とりどりの本当に美しいきのこの写真が、いっぱい登場します。

Photo_3写真をクリックすると、
Photo_4そのきのこが、“食べられるきのこ”なのか“どちらとも言えない”のか、または“食べられないきのこ”なのか、3人!?のおもしろかわいいきのこちゃんが登場しますので、答えを直観でクリックします。  

そうすると、正解と新井文彦さんの、とっても美しい写真と、きのこにまつわる楽しいお話がいっぱい紹介されています。新井さんの、きのこ愛、優しさが伝わってきてとってもワクワクです。愉快で笑える、ここちよい時間は、一瞬にして“きのこの森”に存在している気さえしてくるのです。  

とびきりアートな、きのこ図鑑です。是非是非チェックしてみて下さい。あっ!、『キンコンキン~shine』とは、菌根菌。新井さん文からの抜粋ですが、ー『思いっきり簡単に言ってしまうなら、菌根菌とは、地中で樹木とつながり合って、お互いに必要な栄養のやりとりをする、つまり、植物と共生するきのこのことです』ーだそうですヽ(´▽`)/  

新井文彦さんのキンコンキン~、美しいです。  

2017.6.18


ー 心より感謝を込めて 9周年 ー

2017jamjuree9

Jam juree ジャームジュリーは、本日満9周年を迎えました。

みなさまに心より感謝申し上げます。

『 いっぱい、い~~っぱい ありがとうございます。』
 

感謝の気持ちを込めまして、60分以上のコース施術のお客様に、『フェイスリラクゼーション&肩・首じわ~っとトリートメント』 のプレゼントをご用意させていただきました。
ゆったりとした時間をJam jureeでお過ごし頂けたらと思います。

ご来店、心よりお待ちしております。

      
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


- プレゼント期間 : 2017.6月末日まで -

2017.5.26


菊上用饅頭

開けてビックリ、思わず身が引き締まったお饅頭ですヽ(´▽`)/
2017

お祝いで、紅白饅頭だよ~と頂いたのですが、アノ庶民的な想像していたお饅頭とは、ちょっと違っていて、凛とした“神々しいオーラー”が流れるお上品なお饅頭でした(笑)。 

お饅頭とお番茶でおやつタイム~と思っていたのですが、キュウキョ!おともは、お煎茶に変更~なカンジですヽ(´▽`)/ 

しばし、その美しいフォルムに惚れ惚れ~でした。和菓子・・・、やはりいいですね。シンプルで美しい。菊紋と繊細な味わいにココロが浄化された気分です(◎´∀`)ノ。このお饅頭、六花亭の「菊上用饅頭」というそうです。
紅白饅頭って、いいなぁーって、あらためて思いました。気づきました、いい風習だったんだーと。ココロがね・・・、ほっこりとするのです♡
 

これから、ちょいちょい利用したいと思う逸品です。
六花亭の「菊上用饅頭」は、予約注文品です。注文日から翌々日が最短お渡し日となるそうです。1個から注文OKです!(^^)!。ちなみに、菊紋じゃない、丸いカタチの「上用饅頭」もあるそうです。

お祝いのお饅頭っていいですね。いっぱいの笑顔が見えてきます。
うん!いぃーーーヽ(´▽`)/♡♡♡

あっ!そういえばパスポートにも菊紋がぁー。なんとなく気づいていた気はしますが、今、はっきりと意識しました。遅っ!!!(笑)

2017.5.10


チロルにタイ文字~♡♡♡

『チロルチョコにタイ文字が書いてあったよぉーーーヽ(´▽`)/』との情報をGet。速!、コンビニ直行です(笑)。ラッキー(^o^)/、一件目でGetできました♪

20173_2パッケージに、すでにメロメロです。南国感たっぷりのデザイン、『揚げバナナ』のロゴが踊ってるぅー♡、そして『กล้วยทอด』のタイ文字がとっても可愛いぃ~ヽ(´▽`)/ 

20172_2
ちょっと、見づらいのですが『กล้วยทอด クルアイトード』とは 、タイの屋台などで定番のお菓子『揚げバナナ』です。 

タイ語で“กล้วยクルアイ”は、バナナ。”ทอดトード”は、揚げるという意味かなーヽ(´▽`)/ 

タイでクルアイトードを食べたのは、もうだいぶ昔(笑)。バンコクのマッサージスクールの近くの屋台で毎日食べまくっていました。揚げたてのクルアイトードはバナナが甘酸っぱく、ココナッツミルクと白ごまのコロモが甘くカリカリで不思議な食感と美味しさにハマり、休み時間には、駆けつけていました(◎´∀`)ノ。懐かしい想いでの味です。 

なんだかしみじみスイッチ入ってしまいましたが、チロル「揚げバナナ」美味しいです。バナナの香料強めのよくあるパターンかなと思ったのですが、見事裏切ってくれましたヽ(´▽`)/。何個でもいけちゃうカンジの美味しいチョコです。 

チロルチョコの商品情報によると、「食感の違うドライバナナとフライバナナチップにシナモンとココナッツがほんのり効いたアジア感たっぷりのチロル」とありました。
なぁーるほどヽ(´▽`)/。
 

タイのクルアイトード、ムショーに食べたくなりました♡。

あっ!チロル揚げバナナ、タイ文字パッケージに興奮していましたが、裏側にもオチャメなキャラクターがーーー(笑)。

2017
「気分も♪あげあげ♪」 ヽ(´▽`)/

 

2017.4.20 


元気印ヽ(´▽`)/、カラフル野菜

Photo_2この時期、鮮やかな色の野菜を見つけると、ウキウキを飛び越えてゾクジクしちゃいます(笑)。ながーーい冬の『彩へのフラストレーション』が、まだまだ続いているカンジですヽ(´▽`)/。 

街並みが、もう少し彩づいてくると、桜などのほわーっとした優しい色に心奪われるのですが、今は太陽をいっぱい浴びた強い元気な明るい色に、目がいってしまいます。

スーパーで、赤・黄色・オレンジshineとヒトキワ輝いているコーナー発見eye。ビタミンカラーが、眺めているだけで栄養となってくれるカンジですヽ(´▽`)/

どうしちゃったんだろーワタシ?パプリカにこんなに感動しちゃってるー。今まで何度も手にしてるのに…。と、冷静になると自分に笑える(*´v゚*)ゞ 

色がきれいで、クセが無く好きな野菜のひとつのパプリカなのですが、この『北海道産のパプリカ』、デカっ!!!
Photo_3パプリカって、こんなに大きかったでしょうかー(笑) 

夏野菜のイメージが強いですが、北海道の農家のみなさんが愛情いっぱいで作って下さったパプリカは、肉厚で爽やかな甘みいっぱいのとっても美味しいパプリカでした。パプリカ、改めてハマっていますヽ(´▽`)/。 

ちょっと調べてみました。
大航海時代、中南米原産の唐辛子がヨーロッパに運ばれ、品種改良によって生まれたそうです。のちにハンガリーの科学者によって、パプリカには大量のビタミンCが含まれていることが発見され、健康野菜として注目を浴び、日本には1993年以降に普及されたそうです。
 

ビタミンCの含有量は、トップクラスで、パプリカのカラフルな色合いの色素成分には抗酸化作用もあり、肌を健康に保ち、疲労回復などの効果が期待できるそうです。 

シャキシャキと生でサラダ感覚で食べるのもオススメですが、パプリカを丸ごと網の上で焼いて、皮を剥いてマリネで頂くと、甘さが増して、くだもののようなジューシーなパプリカが楽しめますヽ(´▽`)/。 

肉厚なので、加熱してもビタミンCが損失しにくいという嬉しい特徴もありますので、『生で』、『焼いて』、『炒めて』と、調理法によって味も食感も別物に変身するパプリカは、栄養いっぱいのとっても魅力的な楽しい食材なんだと再認識しました。 

パプリカ、ますますヽ(´▽`)/ はまりそうです♡

2017.4.4


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Jam juree日記(ブログ)