« 汗は美肌を作る!? | トップページ

線香花火

先日、TVで「長岡大花火2017」やってましたヽ(´▽`)/
花火いいですね。日本の夏~っていうカンジです。華やかな煌びやかな花火も大好きですが、儚さにドラマがあるような線香花火の、何とも言えない美しさにココロがキューンとなる昨今であります(笑)

2017_4ちっちゃな頃は、どうしても最後に残ってしまう線香花火が面倒で、何本も一緒に束ねて火を付けてしまったというヤンチャな苦~~い思い出もありますが。(;´д`)トホホ  

今は、夏の涼しい夜風になごみながら、線香花火で酔えます(笑)。喜怒哀楽たっぷりのいろんな感情で。あっ!「怒」は無いですヽ(´▽`)/
すごいなぁー線香花火って思います。
なんだかムショウーに線香花火のこと知りたくなり、ちょっぴり調べてみました。
 

まずは、線香花火を長く楽しむためには、持ち方がポイントのようです。真ん中より少し上を持ち、斜め下に向けると良いそうです。真ん中より少し上を持つことで火の玉が揺れにくくなり、さらに斜め下に向けることで、火の玉と、こよりの接している面積が大きくなり、より火の玉が落ちにくくなるそうです。

始めてすぐに、火の玉ポトリ~の悲しい経験アルアルなので、気をつけてみますヽ(´▽`)/。

福岡県にある「筒井時正玩具花火製造所」さんのWebに線香花火の美しい表情には、段階ごとに燃え方に名前がついているという記事がありました。

※写真、説明 : 「筒井時正玩具花火製造所」さんのWebより20171① ー蕾ー
点火とともに、命が宿ったかのように酸素を吸い込みながらどんどん大きくなっていく火の玉。20172
②  ー牡丹ー
やがてパチッ、パチッと一つずつ、力強い火花が散り出します。称して「牡丹」。
20173
③  ー松葉ー
やがて勢いを増し、「松葉」のように次々と火花が飛び出します。
20174
④ ー散り菊ー
火花が一本、また一本と落ちていく「散り菊」。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・

蕾、牡丹、松葉、散り菊 なんですね。
数10秒のステキなドラマです(*v.v)。やっぱりいいですね、線香花火♡

「筒井時正玩具花火製造所」さんには、「花々 はなはな」という10,000円(税別)の線香花火もあるそうです。線香花火の持ち手部分が花びらのようになっていて、桐箱入りです。ハゼの実から抽出されたロウでできた和蝋燭と、九州の山桜でつくったロウソク立てがついているそうです。
いつもの線香花火と、輝き方も違うのでしょうか・・・(*´v゚*)ゞ。
憧れですヽ(´▽`)/ いつかできるといいなぁー、花々。20173_4

2017.8.7


« 汗は美肌を作る!? | トップページ