« Maleeは、美味しかったのねー | トップページ | “数量限定 タイプリッツ ラーブ味” »

『コウシンツアイ』 !?

2この野菜。。。
『コウシンツアイ!?』、もしかして『クウシンサイ 空芯菜』ですよね。
中国語と日本語がミックスされたようなネーミングが表示されていますが、『コウシンツアイ』・・・、こういう呼びかたもあるのですね(^^)
 

空芯菜との初めての出会いはタイです。とってもシンプルな野菜炒め、『パックブーン ファイデーン』。空芯菜を唐辛子、ニンニク、タイの魔法の調味料(笑)で味付けした『ごはんがススム』大~好きなメニューです。

タイ語でパックブーンが空芯菜。ファイデーンは、赤い炎という意味だそうです。アツアツの中華鍋で赤い炎をたてながら、手早く炒めることで絶妙な味わいが完成するそうです。

Photoシンプルな料理に熱~いテクニックがつまった炎の料理は、魅力いっぱいの逸品です。 

唐辛子が入っていますが、辛くありません。タイ料理、唐辛子を使ったメニューがたくさんありますが、唐辛子をみつけたときは、そっ~とお皿の端に移動した方が無難かもしれません。お口が炎の状態になることもしばしばですので(^-^;。辛くない唐辛子もありますがチェック、チェックがオススメです♡ 

ときどき、ムショーに食べたくなる、『パックブーン ファイデーン』なのですが、なかなか手に入りづらい野菜だった空芯菜。最近は地元産のものがスーパーの野菜コーナーにふつうに並んでいることが、とってもうれしいです。
生産者のみなさんに本当にありがとうございますの感謝の気持ちでいっぱいです。

これからの暑い時期、夏バテ防止にはオススメのメニューです。炎と勝負しなくても(笑)、美味しいパックブーンと唐辛子、にんにく、ナンプラー、オイスターソースがあれば、本場の味に近い!?、ちょっと近い! 『パックブーン ファイデーン』になります゜.+:。(*´v`*)゜.+:。冷た~~いビールにもバッチリです。 

では、炎の料理の様子は、こちらでお楽しみ下さいヽ(´▽`)/ 

 

2015.7.25


« Maleeは、美味しかったのねー | トップページ | “数量限定 タイプリッツ ラーブ味” »