« タイOTOP 宝の原石 | トップページ | ほぉ~~、“ワセリン” »

楽器屋さんのエコ加湿器

『電気を使わず、水を注ぐだけの加湿器』 

雑誌を見ていてフッと目に入ってきたキャッチコピー。いつもならスルーしてしまうのですが、「商品お問合せ」の欄に、楽器屋さんの名前が~~w(゚o゚)w 

ウン? なぜ楽器屋さんが加湿器?
興味がフツフツとわいてきましたヽ(´▽`)/

20131_3←これが、
楽器屋さんから生まれた自然加湿器。買ってしまいました(笑)
楽器屋さんの『深イイ話』に、コロッ~(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

たくさんの楽器を扱う楽器屋さん。楽器は、湿度に敏感で、湿度によってピアノは音色が変わったり、音程が狂いやすく、ヴァイオリンなどの弦楽器は木の部分が割れてしまったりするそうです

お高い楽器たち、ワタシのお肌の乾燥とは、比べものにならないくらい繊細で高級ナンダワァ~(*v.v)。
そして、もうひとつは、音楽教室でレッスンをする講師や生徒のみなさんの健康管理。
機密性の高い防音の教室で何時間も指導する講師の方や、生徒のみなさんにとっても乾燥は大敵。最初は一般的な電気式加湿器を導入なさったそうですが、音の問題、過加湿、水中の不純物等の噴霧等、音楽教室には不向きだったそうです。

そして楽器屋さんが、楽器や音楽教室の湿度環境を維持するために真剣に湿度と向き合った結果、たどりついたのが、この自然加湿器。「音もなく、きれいな水蒸気で適湿を保つ加湿器」が誕生したそうです。 

楽器屋さんのお名前は宮地楽器さん。(◎´∀`)ノ、
「宮地楽器」さんの「楽器屋さんから生まれた自然加湿器」物語で、なぜ楽器屋さんが加湿器を販売?のナゾが解けました。

20132_2←使い方は、蛇腹状になっているフィルターを広げ、トレーにセットして水を注ぐだけです。
カンタンヽ(´▽`)/
 

グリーンのフィルターは草花のイメージで、広げるとほぼフェイスタオル1枚分の大きさで、特殊な不織布でできているフィルターが、たっぷりの揚水力と蒸発力で加湿してくれるそうです。
(参考:サイズ L350×W150×H200)
 

この製品は、加湿器1つで約6畳くらいの広さの部屋を湿度50~60%を保てるそうです。但し、部屋の温度・湿度など自然環境により異なるとの事です。札幌は、これから暖房が必須の季節なので、この自然加湿器だけでは、部屋全体の加湿は、無理かなー。(o^-^o)
今まで活躍してくれている電気加湿器と、今回仲間入りのエコな自然加湿器を上手に活用して、快適な湿度で健康に冬を過ごしたいと思います。

ヽ(´▽`)/ ヽ(´▽`)/ ヽ(´▽`)/
いつも近くに置いて、暖房による乾燥からお肌を守ってもらおっかな~♪
エコなミストに期待!*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

 

2013.11.13


« タイOTOP 宝の原石 | トップページ | ほぉ~~、“ワセリン” »