« 2013 さっぽろ雪まつり『タイチーム優勝~ “ 画伯はスゴイぞー”』 | トップページ | これいいねー、野菜&フルーツなカラダ »

最強の一冊 『 バンコクごはん 』

Photo_3ワタシがこの本と出会ったのは、『バンコクの紀伊國屋書店に555バーツで山積~』というバンコクのコミニュケーションサイトの情報でした。 

日本語のタイトルの本が、バンコクの本屋さんにドーンと山積で宣伝されているなんて、スッゴーイヽ(´▽`)/
しかも、大好きなタイごはんの本❤。ウキウキ度Max、興味津々、まさに興奮状態です(笑)
 

よーく見ると、タイトルが、またまたス・テ・キ~。
『暮らして恋した バンコクごはん』。ドハマリなワードです。

『欲し~~ぃ!』
このときは、まだ日本では未発売でしたので、タイの友達に頼んで送ってもらうしか方法はないのかなーと考えながら、調査開始ー。1つ1つ検索を続けていくうちに、著者『下関崇子』さんのプロフィールを発見。
おぉーっ、カッチョイィ
~~!!!❤❤❤(◎´∀`)ノ
Wow!!!なプロフィールに、ますますボルテージ最高潮。下関さん、ナント!、元女子キックボクサーでムエタイ選手。そしてスゴイのが、28歳のときにダイエット目的で始めたキックボクシングにはまり、後楽園ホールでプロデビューをしたそうです。その前まではTVのクイズ問題作
成やリサーチ会社にお勤めだった会社員女子。ダイエット目的がプロデビューってsweat01凄すぎますよね。その行きざまに、惚れちゃいました~
ヽ(´▽`)/

そしてその後、ムエタイ修行の為、単身でタイへ行かれたそうです。
Photoそんな下関さんのタイ料理の本は、やはり男前!(^^)!
ちっちゃな事には、こだわらない、おおらかなとってもココチの良い一冊です。
 

ライターでもある下関さん。1つ、1つのレシピに書かれているエッセイがとっても愉快で楽しいです♪
タイでの生活の様子がタイごはんを通じて紹介されており、シーンの1つ1つが見えてくるようです。

ワタシにとっては、お料理の本というより、タイの風を運んでくれる、アルバムのような見ているだけで幸せになれる本です。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

タイ料理、やはり食材や調味料を揃えるのが大変そうーと考えちゃいますが、下関さんの『バンコクごはん』のレシピは、ビックリ仰天!。
下関さん、『おうちで作るタイごはんは、日本の旬の食材や、日本の調味料を使って、自分がおいしいと感じるタイ料理が作れれば、それでいいんじゃないかな』って。賛成~~(◎´∀`)ノ 

下関さんのレシピ、「前菜&副菜」「カレー&スープ」「サラダ&和えもの」「しっかりおかず」「ごはん&麺」「おやつ」とカテゴリー毎に90種類以上のレシピが、日本で、気軽に作れるタイ料理として紹介されています。 

『料理はその国の気候風土と関係が深いもの。日本の家庭で、日々食べるタイ料理は、日本の気候や家族の嗜好に合った味付けでもいいと思うのです。だから、この本のレシピも、自分好みの味にどんどんアレンジして下さい』と下関さん。 

ウフフ、これならワタシも、すべてのレシピに、『タイ風○○~』と、『風・フ~~』を味方に、チャレンジできちゃいそうです(笑) 

レストランで食べる本格的タイ料理も『いいねー』だけど、身近なタイごはんも、『とってもいいねー』

2013.2.25


« 2013 さっぽろ雪まつり『タイチーム優勝~ “ 画伯はスゴイぞー”』 | トップページ | これいいねー、野菜&フルーツなカラダ »